令和元年 不入流神戸教室 第一回「染み抜き基礎・漂白と中和・繊維製品に優しい漂白」

元号も変わり、なんとなく体型も変わりつつある不入流神戸七番弟子の染川です。新年度の教室ブログ第一回、久しぶり感あるなぁと思いつつ書きます!

新年度の教室第一回は、必ず【染み抜き基礎】の講義になります。普段当たり前のように使っている薬品・薬剤(この違いわかりますか?)を改めて解説。毎年同じ内容…ではありません!基礎は変わりませんが、主流となる手法はどんどん変わっていきます。今回の講義、染み抜き基礎に加えて「漂白」の文字が…そう!漂白も進化しているのです!

まずは大津・武井師聖によるご挨拶。
必ず紹介される、祖主のお言葉。

毎回必ず紹介される、祖主のお言葉。心構えとして、自分の中に飲み込んでおきます。講義の中では新たに「漂白」について、多くの時間が割かれていました。もちろんスライドの写真も撮りましたが( ^ω^)・・・

ちょっとサービス良すぎじゃないですか?って内容で、ごめんなさい、そのままブログに載せられませんでした・・・今回の肝はズバリ新製品「IK-HN10」です!7月には神戸でクリーニング展示会が開催されますが、そちらでも実演あると思います。ちょっとすごいアイテムが出現してきたなと思います。

谷口兄貴と大津先生のiPadで遊んでみたり

午後からは実技です!

午後からは武井先生を中心として実技の講義です。まずは検分。

午後からは武井先生を中心とした実技です。こちらは…その時しか出会えないシミに、不入流神戸が全力で攻略していきます。理論的に、冷静に判断し処理をしていきます。大津先生のお言葉をお借りしますと「どないや!」ということです。

「どないや!」
武井先生「いいよいいよ~」
大津先生「ここ!ここ見て!」

今期は、生徒さんで着物を扱う方が参加されている関係で、和服の処理が増えそうな予感です。私は、着物のことはちょっと知識が足らない自覚がありますので、師範として指導を行う一方で、和服のことは詳しい方や先生に教えていただきたいな、と考えています。不入流神戸では講師の大津先生・武井先生も含めて、全員「知らないこと」に関して貪欲です。知らなかったことは何も恥ずかしいことではありません。知らないままでいることが、もしかしたら恥ずかしい思いや事故を誘発するかも…と、学ぶことを忘れないでいたいと考えています。

今期もこの漫才コンビは健在です。

そして今日イチ・・・谷口師範です。

集中…ッ!
呼吸を止めて一秒あなた真剣な眼をしたから

あっという間に一日は過ぎました。

お疲れ様です乾杯~

7月は「クリーニング消費者説明とカウンタークレーム実例」および、神戸サンボーホールで展示会です!

今期もまだまだ不入流神戸では新規受講生募集しております。よろしくおねがいします。

The following two tabs change content below.
染川智洋

染川智洋

不入流 神戸7番弟子。不入流 253番師範代。有限会社ドライクリーニング京屋生産部統括・品質管理責任者。1973年生まれ。愛知県豊橋市出身、兵庫県姫路市在住。クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)の資格を持つ。 お客様に納得していただける品質を追い求め、なおかつ現場の生産性にも目と頭を光らせる。 甘いものに弱く、「三度の飯より飯が好き」と公言するご飯大好きマン。 instagram(ID:sometomo)とカメラロールにはご飯とジムニーしか写っていないという噂もある。 食べることと、ジムニー(四駆)で野山を駆け回り壊して直すことが最近のお楽しみ。不入流神戸のムードメイカー(ターメリックマン)でもある。